本当に故人を思うなら納骨堂という選択も視野にいれたい

墓じまいについて

temple

お墓を手にすることによって、訪れるのが墓じまいです。強制的に墓石を撤去される前に墓じまいを考えるという人は非常に多くなってます。そうして墓じまいをするタイミングで必要になる新たな納骨先として納骨堂が注目されているのです。

納骨堂のメリット

white flowers

墓じまいをしてしまった後、新しい供養先としておすすめなのは納骨堂ですが、納骨堂はまだまだ年配の方などには受け入れられにくいお墓です。メリットをしっかり説明し、周囲の理解を得られるようにしましょう。

費用はどれくらい?

incensory

色々なメリットがある納骨堂ですが、注目されている一番の理由はその安さです。賛否両論ありますが、安いものだと5万円ほどから購入できますし、費用はかかりますが従来のお墓よりハイテクな納骨堂もありますよ。

無縁墓の問題

many candles

広々として清潔感がある納骨堂について気になる方はこちら。見学もできるので一度お問い合わせしてみましょう。

都会で一人暮らしが快適で最高!と言う人もいれば、実家で家族と過ごすのが快適だと言う人もいますよね。お墓は「終の住処」と呼ばれるように、亡くなった後に入る家のようなものです。
私は田舎から出てきて都会で一人暮らしをしていますが、誰にも鑑賞されない自由な暮らしがとても気に入っています。死んだ後のことはもう自分ではわからないので、成仏さえ出来れば特にお墓の希望もありません。
友人はとても寂しがりやで、家族が大好きなので家族とずっと一緒に暮らしています。お墓の話をすると、絶対に家族と同じお墓に入りたいと言っていました。
このように、それぞれ生き方によって選ぶ最期も変わってきます。
最近では承継者がいなくなって放置されるようになってしまった無縁墓が問題となっています。原因としては地方の若者がほとんど都心部に流れていってしまう地方の人口減少が考えられます。
進学や就職で都心部へ出て、そのまま地元に戻らず生活をしているとお墓を管理する人がいなくなり、無縁墓になってしまうことが多いんです。
納骨堂なら承継者がいなくても運営元の寺院などがしっかり管理してくれて、契約期間が終了すると他の人の遺骨と合わせて合葬してくれるので無縁墓になることはありません。
納骨堂は遺骨以外は全て納骨堂施設保有のものなので問題がありませんが、従来の墓石タイプのお墓が無縁墓になってしまうと、撤去するにも相当な手間と費用がかかrます。
墓石を砕くのにもかなり費用がかかるので、最近ではある一箇所に墓石の形のまま無造作に積み上げられている無縁墓地帯があるほどです。
納骨堂は簡素すぎて故人に対して失礼だと言う意見もありますが、こんな風になるくらいなら納骨堂の方がずっとずっと良いですよね。